用語集

BSサミットでは、設立当初から高い修理技術力と
最新の設備を導入していることを「入会基準」のひとつとしています。
先進安全自動車(ASV)の修理が難しくなり続けているからこそ、
BSサミットは、組合員工場に対し、常に最高レベルの設備の導入を推奨しています。
  • 4輪アライメントテスター

    安心・安全な走行に必要な「四輪アライメント」は、ホイール(車軸)の角度チェックと調整を行う設備です。車がまっすぐ走る・曲がる・止まることができるのは、4つのホイールの角度が正しく調整されているためです。ですが、縁石やブロック塀にぶつけてしまったり、事故で車体を損傷した場合など、アライメントのチェックと調整が必要となります。ASVのフロントガラスやバンパーに組み込まれているカメラやミリ波レーダー、センサーなどを調整(エーミング、キャリブレーション)する際にもアライメント測定が必要となります。
  • ジグ式フレーム修正機

    損傷が激しい車両の修理に欠かせない「ジグ式フレーム修正機」は、追突などで歪んだ車両の骨格(フレーム)部分を、ミリ単位で復元するための設備です。従来のフレーム修正機にはなかった「ジグタワー」でしっかり固定し、自動車メーカーの定める寸法通りに、ズレなくフレームの修正ができます。フレームが正しく復元されていなかった場合は、安全運転支援システムが正しく稼働しない可能性があります。だからこそASVの修理は、三次元車体計測器で知り得たデータをもとに「ジグ式フレーム修正機」でしっかり固定し、ミリ単位でズレなく復元する必要がるのです。
  • 3次元車体計測機

    正確な車体寸法を把握する「三次元車体計測器」は、事故などで歪んだ車体寸法を、三次元で正確に測定できる設備です。
    自動車メーカー公式の車体寸法データを基準とし、ミリ単位で歪みなど、車体の状況を把握できるところが特徴です。修理前と修理後に、三次元車体計測器を使って、目視ではわからない車体の寸法をデジタルでしっかり測定し、測定結果をプリントアウトして数値確認も行えます。自動ブレーキなど、高度な安全運転支援システムが搭載されたASVの場合、正確な車体寸法での修理が欠かせません。目視や経験による感覚などに頼って修理作業を行うと、どうしてもズレが発生してしまいます。ズレた状態で修理すると、高度な機能が正しく稼働せず不具合や誤作動につながる可能性があります。だからこそ、「三次元車体計測器」で正確な車体寸法を計測した上で、修理しなければならないのです。
  • 故障診断システム(OBD)

    OBD2に接続してクルマの不具合箇所をチェックする「故障診断機」は、スキャンツールとも呼ばれ、コンピュータ制御された車の内部の故障や、点検が必要な項目を表示できる高性能な機材です。車の中に搭載されている「故障診断装置(OBD2:On Board Diagnosis second generation)」に接続し、どこが故障しているのかをピンポイントで素早くチェックできます。エンジンの整備はもちろん、エアコン、オーディオといった電子制御されているすべてのシステムの故障を診断できる優れたツールです。車検や部品交換の際にも活躍します。
  • 塗装ブース

    「塗装ブース」は、美しく高品質な塗装を行うための設備です。塗装の弊害となる、空気中に舞うチリやホコリ、ゴミなどをシャットアウトした環境で作業を行えます。車の塗装作業は、スタッフの健康と自然環境に配慮する必要があります。このため、シンナーなどが含まれる有機溶剤を使わない「水性塗料」に対応するほか、乾燥性能が高く、塗装スタッフの作業着などに付着したゴミなどを吹き飛ばす機能(エアシャワー)を搭載した塗装ブースを導入しているBSサミット組合員工場もあります。
  • 水性塗料

    塗装スタッフの健康と自然環境に優しい「水性塗料」は、安全性が高く、塗装スタッフの健康と自然環境に優しい塗料です。
    以前から、車のキズ・ヘコミ修理に使用される塗料は、シンナーなどが含まれる有機溶剤(VOC)系が多い傾向がある中で、BSサミット組合員工場では、積極的に水性塗料の使用を推奨しています。
  • 調色室

    調色室は、塗装スタッフが、安全な状態で効率良く塗料を調合できる環境が整えられた作業室です。
    車の塗料は、熱や火によって燃える危険物(引火性液体)です。貯蔵量保管量を守り、安全な環境で保管しながら、調色作業ができる環境が必要となります。換気ファンが設置され、塗料を保管・管理する専用ラックや高性能なデジタル調色システム、塗料の飛び散りを防ぐ調色ブースなどを導入することで、より効率的に作業を行えるようになります。調色室がなく作業を行っている自動車修理工場がまだまだ多い中で、BSサミットは業界に先駆けて調色室の設置を推奨しています。
  • アルミボディ作業場

    アルミボディが採用された車の修理を行う専用の作業スペースが「アルミボディ作業場」です。高級輸入車を中心に。車のボディ素材として採用が増えている「アルミニウム合金」は、一般的な車のボディ素材に使用されている、鉄や鉄を主成分とした「スチール合金」に接触すると、サビの発生や、爆発につながる危険性があるため、安全な環境で修理を行うためにアルミボディ専用の修理作業スペースを設けています。
  • スポット溶接機

    スポット溶接は、車種ごとに規定された“溶接条件”に合わせて溶接を行うことが重要となります。近年の車両は、丈夫で軽いボディ部材として「超高張力鋼板」が多用されており、スポット溶接機の性能を発揮できずに溶接した場合、強度が弱くなり「不完全な修理」になってしまう可能性があります。
    BSサミットでは、全組合員工場を対象に「スポット溶接機の能力調査」を行い、高品質で溶接を行える設備環境を確認しており、業界に先駆けて「溶接責任者制度」を創設し、運用を開始しています。
  • MIG/MAG溶接機

    MIG/MAG溶接機は、ミグ(MIG:Metal Inert Gas)溶接や、マグ(MAG:Metal Active Gas)溶接を行うための機材です。ミグ溶接は、アルミやステンレス素材を溶接する際に行われるものです。2種類のガス(シールドガスと不活性ガス)を使用するのが特徴で、溶け込みが浅いため強度があまり高くありません。
    マグ溶接は、鉄系の素材を溶接する際に行われるものです。3種の混合ガス(シールドガスに、不活性ガスと炭酸ガスを混ぜる)を使用するのが特徴で、マグ溶接よりも溶け込みが深いところがポイントです。
  • フロン回収装置

    カーエアコンの冷房に必要な「フロンガス」を回収するための装置が「フロン回収装置」です。
    フロンガスを回収せず放出すると、オゾン層の破壊につながります。このため、BSサミット組合員工場では必ずフロン回収装置を使用して、フロンガスによる環境汚染を防いでいます。
  • 溶剤回収装置

    金属洗浄による溶剤などの汚れた排水を回収するための装置が「溶剤回収装置」です。
    自然環境保全のため、汚水をそのまま下水に流さないための汚染負荷対策機材となります。
  • スプレーガン洗浄機

    スプレーガンに付着した塗料を洗浄するための機材が「スプレーガン洗浄機」です。洗浄時のミストや臭いの飛散を防ぐことができます。塗装スタッフと自然環境に悪影響を与えないために、BSサミット組合員工場では、このスプレーガン洗浄機を導入しています。
  • 集塵ピット

    「集塵ピット」は、キズ・ヘコミ修理時の磨き(研磨)作業で飛び散る粉塵や、切削、研磨、ミスト噴霧で生じる有害な粒子状物質を吸い込む装置です。有害な空気をそのまま排気すれば、近隣環境への拡散として問題となります。有害粉塵類(粒子)を分離し捕集することで、クリーンな作業環境を実現しています。